プロフィール
  • 芸名 美空ひばり
  • 本名 加藤和枝
  • 経歴 9歳でデビュー(1946年)
  • 年齢 52歳にて永眠 (1989年)
  • 生涯レコーディング数 1500曲
  • オリジナル楽曲数 517曲
  • 所属レコード会社
    日本コロムビア株式会社

1960年代

1960年
01月06日
 〜01月03日
浅草国際(共演 若山富三郎、坊屋三郎)『雪月花ひばり絵巻』弟二人も出演
12月23日 日本レコード大賞歌唱賞「哀愁波止場」(石本美由起作詩、船村徹作曲)で受賞
12月31日 NHK紅白歌合戦「哀愁波止場」を歌う この年父増吉、宅地造成会社「藤美産業」を設立。
1961年
01月 浅草国際劇場正月公演10年連続公演(共演 坂東好太郎)『森の石松』 第2回ハワイ公演。
07月02日 発売レコード500万枚突破記念リサイタル開催(サンケイホール)第1部『舞踊 ひばりの雪月花』。第2部『ヒット・パレード』江利チエミ、雪村いづみ友情出演
12月10日 初のステレオLP「ひばりとシャープ~虹の彼方~」発売
12月31日 NHK紅白歌合戦「ひばりの渡り鳥だよ」を歌う

            

1962年
01月06日
 〜01月13日
浅草国際(共演 小野透、香山武彦、堺駿二)『花姿女伊達』
01月 第12回ブルーリボン大衆賞受賞 日本テレビ初のカラー放送「ひばり・透ショー」開始
05月29日 小林旭との婚約発表
11月05日 小林旭と結婚(日活国際ホテル)媒酌は堀久作日活社長と大川博東映社長
11月 父、増吉入院。 弟、小野透引退
11月20日 流行歌初のステレオ・シングルひばりの「ほんとかしらほんとかしら」で発表。
12月31日 NHK紅白歌合戦「ひばりの佐渡情話」を歌う
1963年
01月06日
 〜01月13日
浅草国際(共演 江利チエミ)『佐渡情話』『弥次喜多』
02月01日 午後2時3分、父増吉肺結核で死去(50歳)
02月24日 小林旭、扁桃腺炎で東京慈恵医大病院に入院
02月28日
 〜02月29日
ひばり盲腸炎で京都大和病院に入院
03月 小野透 賭博幇助容疑で逮捕
05月26日 東京・世田谷区上野毛の新居に移転
09月28日
 〜09月29日
歌舞伎座「平凡歌手人気投票12年間連続第1位記念リサイタル」
10月03日〜 東京宝塚劇場『東宝歌舞伎』出演、『飛ぶ雪』『明治の兄弟』『春夏秋冬』(共演)
12月 東映との専属契約打切り
12月31日 NHK紅白歌合戦「哀愁出船」を歌う
1964年
01月06日
 〜01月13日
浅草国際(共演 三橋美智也)『桃太郎』『丁稚とおてもやん』
06月 新宿コマ劇場初出演『女の花道』(共演林与一)『ひばりのすべてを』
06月25日 午後3時、小林旭上野毛の自宅で離婚を発表、午後4時30分、美空ひばりは新宿コマ劇場で発表、正式離婚成る
10月 大阪新歌舞伎座初演。『女の花道』『お夏清十郎』『艶姿雪月花』 TBSテレビ『美空ひばり劇場』
12月11日 初めて音楽鑑賞団体、福岡音協でワンマンショーを開く
12月31日 NHK紅白歌合戦「柔」を歌う
  この年「柔」大ヒット180万枚突破
1965年
01月06日
 〜01月13日
浅草国際劇場正月公演(共演 坂本九)
04月 名古屋御園座に初出演『お夏清十郎』『彩競四季花籠』『女の花道』『艶姿雪月花』
06月〜07月 新宿コマ『お島千太郎』『65ひばりのすべて』で、55日間100回ステージに30万人動員の前人未到の記録を作る
08月 『コロムビア大行進』に出演。
09月 東京労音に初出演
10月 梅田コマ劇場(『蛇姫様絵巻』『お島千太郎』『’65ひばりのすべて』)で初出演(共演林与一)
10月 台湾公演『美空雲雀-哀愁音調出色的歌星』アンバサーダー・ホテル(国賓大飯店)で5日間(共演 林与一)
12月 『スター千一夜』に母娘で出演。 第7回日本レコード大賞グランプリを『柔』(関沢新一作詞/古賀政男作曲)で受賞
12月31日 NHK紅白歌合戦「柔」を2年連続で歌う
1966年
01月04日
東京虎の門の日消ホールで後援会主催の茶話会開かれる
01月6日
 〜01月13日
浅草国際劇場連続15年出演で一応終止符をうつ『初姿七彩鏡』
04月 名古屋御園座出演『お七かんざし』『栄光の歌声』(共演林与一)
06月07日 新宿コマ劇場主演「お七かんざし』『栄光の歌声』(共演林与一)
08月 『九千万国民の日祭典』に出演。日大講堂。
09月 大阪労音出演『恋の辰巳橋』ほか 小野透、クラブおしどりで暴行事件。
10月 梅田コマ劇場出演『お七かんざし』『’66ひばりのすべて』
11月 明治座初主演『恋の辰巳橋』『忘れじの歌』『お夏清十郎』『艶姿歌の花籠』小野透、かとう哲也と改名して復帰して共演。
12月31日 NHK紅白歌合戦「悲しい酒」を歌う。
1967年
01月 フジテレビをキー局に芸能生活20周年記念番組『歌は我が命』を5週間連続で放送
02月01日 末弟武彦、芸名を花房錦一から香山武彦へ改名
04月 名古屋御園座で林成年と初共演『秋葉の雨』『恋の辰巳橋』『歌は我が命』
05月 小野透鉄砲不法所持で指名手配
05月22日 フジテレビ「ミュージック・フェア」でブルー・コメッツと共演
05月29日 誕生日を期し、コロムビアより記念LP『歌は我が命』(新曲ばかり12曲)発売
06月02日
 〜07月07日
新宿コマ劇場芸能生活20周年記念講演『べらんめえ芸者』(6月)『柔』(7月)『ヒットパレード』
09月 東京労音2回目の出演、20年の歩みを歌で綴る
10月 梅田コマ公演『柔』『歌は我が命』
10月01日 芸能生活20周年記念7枚組LP「美空ひばり大全集」発売
11月 明治座公演『秋葉の雨』『ひばりの子守唄』『忘れじの歌』
12月31日 NHK紅白歌合戦「芸道一代」を歌う
1968年
04月 名古屋御園座『一心太助』『なの花草子』『かんざし小判』『歌は我が命』
06月〜07月 新宿コマ『平家物語・たまおり姫』『’68歌声はひばりと共に』『おさん茂平・恋ごよみ京の花嫁』
10月 梅田コマ『おさん茂平・恋ごよみ京の花嫁』『’68歌声はひばりと共に』
11月 明治座『一心太助』『なのはな草子』『江島』『藤娘四季彩草』
12月31日 NHK紅白歌合戦「熱祷」を歌う。
1969年
02月 東京宝塚劇場『愛は哀しく』『艶姿花の道成寺』
04月 名古屋御園座『おさん茂平』『恋ごよみ京の花嫁』『江島』『’69歌声はひばりと共に』
06月〜07月 新宿コマ『開花の花嫁さん』『’69歌声はひばりと共に』『千姫』
08月 第3回ハワイ公演、初のブラジル公園が成功
10月 日赤の金色有功章を授章。皇后陛下から戴く。
11月 梅田コマ『千姫』『’69歌声はひばりと共に』 明治座『明治一台女』『恋の鈴』『忘れじの歌』
12月 日赤の奉仕活動の功で紺綬褒章受章。 弟小野透改め、かとう哲也結婚
12月31日 NHK紅白歌合戦「別れてもありがとう」を歌う

バナー